女性専用 借金相談

MENU

女性専用の借金解決相談

 

同じ女性の相談員だから、本音で借金の悩みを相談してください。

 

女性専用の借金解決相談

男性の相談員だと、やっぱり少し腰が引けてしまう・・

 

もし、貴女がそんな思いで大事な借金問題の相談を躊躇していたら、女性スタッフが相談にのってくれる女性専用の債務相談窓口を利用してみてみてはいかがですか?

 

相談員が同じ女性だから、きっと貴女の背負っているつらい悩みも理解してくれるはず。とにかく最初は、誰にも言えなかったそんな悩みを聞いてもらうつもりで始めてみましょう。そうすることできっと貴女の心も軽くなり、借金解決のための心構えもできてくると思います。

 

決意が固まったら、相談員のアドバイスを受けながら、借金解決に向けて債務整理へと踏み出してください。

 

↓女性スタッフ対応!誰にも知られず借金解決↓
債務Lady

安心して相談できる女性専用債務相談

 

債務整理の相談となると、どうしても緊張してしまいますね。

 

特に男性の相談員が相手となると、さらに緊張してしまう方も多いようです。

 

そんな時、女性の相談員による、女性専用の債務整理相談窓口なら、安心してあなたのお悩みをご相談できますよね。

 

女性専用の債務整理相談窓口

 

いずれも相談は無料で行ってくれます。
もし、その相談の後に、任意整理を依頼したい場合には、下記に表示されている、任意整理費用が必要となります。

 

債務Lady

 

全国対応・相談料無料

 

スタッフは女性のみなので安心してご相談いただけます。

 

任意整理する場合の費用

  • 基本報酬:1社あたり20,000円(税別)
  • 減額報酬:10%(最低 20,000円)
  • 過払い報酬:過払い額の20%

 

↓無料相談・詳細はこちらから↓
債務Lady

 

 

アヴァンスレディース

 

全国対応・相談料無料

 

女性スタッフが対応!任意整理をお考えで、借り入れ件数が多い方にお勧めです。

 

任意整理する場合の費用

  • 1社〜3社、債権者1社ごとに50,000円(税抜)
  • 4社〜5社、債権者1社ごとに40,000円(税抜)
  • 6社以上、債権者1社ごとに20,000円(税抜)
  • 過払い報酬:16%〜

※別途、債権者ごとに事務手数料1万円(税抜)
アヴァンスの料金設定は、件数ごとに一律の金額に設定されています。減額報酬などの追加費用は一切ありません。

 

↓無料相談・詳細はこちらから↓

 

 

最初は匿名で相談したいという方には、こちらがお勧め!

街角相談所

 

全国対応・相談料無料

 

こちらは、女性専用の相談窓口ではありませんが、男性、女性に限らず人気のあるサービスです。

 

最初は匿名で行える無料借金減額シミュレーターで、あなたに最適な相談所三か所を全国から探してくれます。

 

紹介された三か所の相談所や法律事務所を比較しながら、あなた自身でご自分に合った事務所をえらびだすことができます。

 

女性の債務整理Q&A

 

家族や勤め先などに知られずに債務整理は可能?

 

ご主人はもちろん他の家族にも勤め先や親せき知人など、誰にも気づかれることなく借金整理をすることもできます。

 

家族の現状にはまったく不都合はない?

 

債務整理は、あなた一個人の問題にとどまるので、家族には何も問題ありません。

 

家族が使っているクレジットカードやスマホが使えなくなるとか、勤め先や学校などに知られるなどといったことは全くないのでご心配ありません。

 

そのため、貴方が行った債務整理とは係わることなくご家族は今まで通り普通に暮らすことができます。

 

仕事を持たない専業女性でも債務整理できる?

 

個人再生(民事再生)は行うことができませんが、任意整理と自己破産については専業女性でも行えます。

 

今、お金をもっていないが債務整理は可能?

 

債務整理を依頼する場合の料金は分割で払うことがさらにその支払い方も重荷にならないようなシステムを用意してくれています。依頼されるほとんどの方が手持ちのお金がない中で債務整理をはじめています。

 

借入先(サラ金 等)から脅されない?(こじれるような事になるのが嫌だ)

 

債務整理がスタートすると、サラ金などの貸金業者は、その債務整理を始めた人に対して直接連絡することが決められた法により禁じられています。

 

また、何事にも債権者が契約を結んだ弁護士または司法書士が代理人となり、債権者と話し合いを行ってくれるので、あなたが直接債権者と話し合うことはないので安心してください。

 

弁護士や司法書士は怖くない?

 

まず、債務整理のネット相談を受け付けている法律事務所の司法書士などには、借金地獄で苦慮している依頼者に対してお小言を言うような人はいません。

 

親身になって解決策を考えてくれるので、思い切って相談してみてください。

 

ギャンブルや浪費でしてしまった債務でも債務整理可能?

 

任意整理と民事再生のいずれかなら賭け事無駄遣いでできてしまった借金でも、債務整理は可能ですが、ただ一つ自己破産は認めてもらうことができませんのでご注意ください。

 

債務整理すると資産を手放さなくてはならない?

 

自己破産や民事再生の場合には、一部の財産の処分が必要になってしまうケースもありますが、任意整理ではそのようなことはありませんので安心してください。

 

貴女の借金解決にはどんな方法があっている?

 

女性専用の借金相談窓口

借金問題を解決する債務整理には、いくつかの方法があります。しかし、自分でどの方法が適しているかを決めるのはちょっと難しいところがあります。

 

貴女に合った債務整理の方法は、それぞれの方法の特徴や、その方法に見合った条件などから検討していかなくてはなりません。そのため、どうしても専門家の知恵を借りることが必要になってきます。

 

女性専用の借金相談窓口では、相談員が、貴女の借金の現状や、収入、また生活環境などを聞きながら、貴女に適した方法を見つけだし、アドバイスしてくれます。

 

その際に、債務整理にはどのような方法があるのかだけは、頭に入れておいた方が相談員の話も分かりやすくなると思いますので、ここで簡単に債務整理の方法についてご説明しておきますね。

 

色々な債務整理の方法

 

 

債務整理には、任意整理個人再生(民事再生)自己破産といった三つの方法があります。

 

どれも、返済できなくなってしまった借金を整理するための方法ですが、それぞれに整理の仕方が違ってきます。ざっくりとその違いを言ってしまうと以下のようになります。

 

全ての借金をなかったものにしてもらう方法が自己破産

 

元金は返済しなければならないが、利子の支払いを免除してもらえるのが任意整理

 

そして以上のふたつの中間的な方法で、自己破産のように借金は0にはなりませんが、任意整理より大きな元金の減額が可能なのが個人再生(民事再生)という方法です。(ある一定の条件を充たす必要がある)

 

ちなみに、以上の方法中で、一番多くの方が行っているのが任意整理です。任意整理は、裁判所を通すこともなく、色々な面で簡易的に行えるため、多くの方がこの方法で借金問題を解決しています。

 

また、ご主人やご家族に内緒で債務整理したいという女性などは、この任意整理でこっそりと借金を解決している人もいますので、そのあたりも含めて、任意整理を少し解説しておきましょう。

 

 

 

任意整理は簡易的な債務整理

 

任意整理の借金解決

任意整理は自己破産とは違って、現在のあなたの借金をすべてなくしてもらう借金解決方法ではありません。そのため任意整理をした後も借金の返済は続きます。

 

しかし任意整理が行われると、今まで苦しんでいた返済も非常に楽な状態になり、無理なく借金を完済していくことができるようになります。

 

また、上述の通り裁判所の関与もなため、手続きも簡易で、しかも債権者との書類のやり取り、また任意整理の交渉も全て、あなたが依頼した弁護士や司法書士があなたの代理人となって行ってくれます。

 

そのため、あなたは依頼の取り交わしを行うだけで、あとは代理人が行ってくれる債権者との交渉の結果を待つだけです。

 

 

任意整理の内容

 

任意整理を行うには、まず任意整理を弁護士、または司法書士に依頼するところから始まります。以後、その弁護士または司法書士があなたの代理人となって、債権者との交渉を行っていってくれます。

 

まず、代理人が債権者に対して、あなたが任意整理を行う旨の通知を郵送します。その通知を債権者が受け取ったところで、任意整理の交渉がスタートすることになります。

 

現在残っている借金の減額や、将来の利息の免除を、依頼した弁護士や司法書士が債権者に交渉していきます。

 

また、分割での返済がスムーズに行えるようにと、毎月の支払い能力を加味して返済計画を組んだものを債権者に認めてもらったりと交渉を進めていきます。

 

それでは、その減額、また利息の免除とはどのように行われるのでしょうか?

 

任意整理の減額って?

 

任意整理の減額って?

任意整理でよく減額と言われているのは、今まであなたが支払っていた利息が、利息制限法という法律に基づいた金額以上支払っていた場合、その払いすぎた利息分を返還してもらう過払い返金のことを指しています。

 

これは減額してもらうというより、実質上は返してもらうといった方が正解ですが、後の返済時にその返金してもらう金額分を、現在残っている借金の金額から相殺(そうさい)してもらうため、元金が減るので減額と表現されているのでしょう。

 

その減額があるかどうかは、あなたの代理人となった弁護士または司法書士が、過去にさかのぼってあなたの支払った利息を調べてくれ、もし払いすぎていたことがわかったら、債権者にその旨を伝えて返還してくれます。

 

但し、債権者が利息制限法に基づいていた場合には、利息の返還は行えません。その場合には、残念ながら借金の元金を減らすことはできません。

 

任意整理の利息の免除とは?

 

任意整理の利息の免除

任意整理では、現在残っている借金を分割払いと一括払いで清算することができますが、多くの方は分割払いで返済しています。しかしその時に利息がかかってしまっては、任意整理には何の意味もありません。

 

そこで、利息制限法によっての返金があった場合もなかった場合も、任意整理では利息を免除してもらうように弁護士や司法書士が債権者交渉してくれます。

 

そのことによって、分割払いの返済の場合でも将来の利息がなくなりますので、今残っている借金の元金だけを返済するだけということになります。