債務整理 秘密 家族

MENU

秘密で債務整理はできる?

家族にも秘密で債務整理することも可能?

 

秘密で債務整理

 

借金を債務整理することを他人に知られてしまうのはどうしても阻止したいものです。でも、債務整理は、他人や勤め先、親戚はもとより、家族にすら知られずに行うことも不可能ではありません。

 

人に知られてしまうのではないかと心配している方も、内緒の借金をに知られてしまうとまずいという方も、このまま返済が厳しくなった借金をいつまでも背負っていくのは危険です。

 

これ以上借金が膨らむ前に、とりあえず専門家に相談してみてください。モチロン、相談自体も誰にも知られず行えますよ。

弁護士・司法書士には守秘義務があります

債務整理を行うと、弁護士や司法書士が債務整理に必要な手続きや提出書類などを用意するときに、情報が漏れてしまうのではないかと心配になってしまいますね。

 

でも、債務整理を依頼する、弁護士や司法書士には依頼者の秘密を守る守秘義務が定められているため、あなたが債務整理をしていることを外に漏らすことはありません。

 

また債務整理では、借金をするときの審査のように、あなたのパート先やご主人の会社に調査がはいったり、電話がはいったりすることも基本的にはありません。

 

但し、自己破産及び個人再生の場合には、官報という国の機関紙には掲載されてしまいます。でも、一般の人が官報を読むことは、まずなので、ここからバレてしまうことはまずないでしょう。

 

どうしても、そのことがきになるようなら、債務整理のひとつである任意整理なら、官報への記載はありませんから、そのあたりを検討してみてください。

 

官報とは
法令、条約のほか、法令に基づき掲載される告示、公告、国会事項、官庁報告、叙位・叙勲などを一般に周知、公布する目的で発行する国の機関紙。(コトバンクより)

 

ご主人の勤め先、子供の学校にバレない?

 

情実のように、勤め先には連絡や確認は入りません。また、債務整理を行う債権者(借入先)も、そのような情報を漏らすことは禁じられていますので安心してください。

 

お子さんの学校も同様なので、心配いりません。

 

親戚にバレない?

 

親戚や実家の親、ご主人の親にバレてしまうと、この先関係がぎくしゃくしてしまいそうと、二の足を踏んでいる方もいらっしゃいます。しかし、勤め先同様に、あなたの親戚や親、兄弟などに調査が入ることはまずありませんので安心してください。

家族やご主人にも内緒で債務整理

勤め先や、親戚と違って、家族やご主人にも内緒で債務整理をすることは可能でしょうか?答えから言ってしまえば、不可能ではありません。実際、主婦の方が、家族に内緒で自己破産をしたという方もいらっしゃいます。

 

特に、任意整理などでは、かなり多くの方が家族やご主人に内緒で借金を整理しています。

 

モチロン、自己破産以外の債務整理でも、簡単なことではありませんが、いくつかの条件がそろえば、それは不可能なことではありません。

 

家族やご主人にも内緒で債務整理するには

 

あなたが、どの債務整理で借金を解決するかによって、その条件は違ってきますが、以下のような条件がそろうようなら、家族にもご主人にも秘密で債務整理を行うことは不可能ではありません。

 

その条件とは?

 

提出書類が集ることができるかどうか

債務整理を行うには、あなたの借金状態や、現在の生活状態を調べ、必要な書類を策せしなければなりません。例えば、あなたの収入やご主人の収入がわかるものや、あなたの財産や、ローン状態などなど・・。

 

それらを証明する書類の提出が、秘密で行えるかどうかがまず第一の条件になります。

 

郵便物が家族にばれずに受け取れる

依頼する弁護士や司法書士との書類のやり取りで、郵便物が家族にばれずに受け取れるかどうかです。

 

特に、自己破産や個人再生を行う場合には、裁判所も絡んできます。この裁判所からの書類や連絡はいつ来るか読みらいので、きちんとその対処ができることが必要です。

 

この郵便物が家族に見つかってしまい、バレてしまったということはよく聞かれますので、気を抜かないよう完璧にしておいてください。

 

家族の共有財産があなた名義になっていない

土地や高額な車など、家族の共有財産があなた名義になっているものがある場合には、自己破産時にその財産が処分の対象になることがあります。そうなると、必然的にバレてしまいますので注意が必要です。

 

注意専業主婦の場合
専業主婦の場合は、個人再生は行えません。個人再生の条件に、「継続的または断続的に収入を得る見込みがあること」となっているため、債務者本人に収入の見込めない専業主婦は、個人再生が認めてもらうことができません。

任意整理でバレずに借金整理

以上のような条件を比較的パスしやすい方法があります。その方法とは、債務整理の中でも、いろいろと条件がきつい自己破産や個人再生を選ばず、それらよりも条件が整いやすい任意整理を選ぶという方法です。

 

というのも、家族やご主人にばれない条件の中の一つ目にある「必要書類」が、手に入れやすいものばかりであること。

 

二つ目の郵送物は、任意整理では裁判所を介していないため、任意整理を依頼している弁護士や司法書士の事務所からくるものだけで、それほど多くありません。また、依頼する事務所の方でも、何らかの手立てをとってくれることが多いようです。

 

そして最後の条件ですが、任意整理ではあなたの持っている財産を何一つ失うことはありません。そのため、もし家や車があなたの名義になっていたとしても、そのまま手放すことはないので、そこからバレてしまうこともありません。

 

ということで、弁護士や司法書士との取り交わし書など、ほんのいくつかの郵送物だけを見つからないようできれば、ほぼ、秘密で任意整理が行えるkとになります。

 

また、多くの弁護士や司法書士事務所では、そのための考慮をしてくれますので、相談時に確認してみてください。

秘密で債務整理

債務整理の情報は、官報に掲載される(任意整理は除く)以外は、金融機関が審査に使用する信用情報に掲載されるだけです。そのため、通常では一般の人の目に触れることもなければ、勤め先や学校関係に連絡が回ることも、戸籍や、役所の個人情報に記載されることもありません。

 

極端に言ってしまえば、あなたが口を滑らさなければ、ほぼ周りにばれてしまうことはないということです。

 

いずれにしても、借金でせっかくの人生を悲惨なものにしないように、少しでも早いうちに手を打つようにしてください。専門家に相談することで、いろいろな心配事は晴れていきますので、まずはそこから始めてみてください。